色々な給与体系がありますが、アルバイトやパートなどの給与体系で最も多く目にするのは時給でしょう。

日払いと日給月給を把握して選ぶ

日給と日給月給との違いとは

日払いと日給月給を把握して選ぶ 色々な給与体系がありますが、アルバイトやパートなどの給与体系で最も多く目にするのは時給でしょう。この場合は単純に自分が働いた時間に時給をかければ自分の収入はわかります。日給は労働時間が8時間であろうと6時間であろうと、1日で働いた分の収入が決まっているので、これもわかりやすいでしょう。月給も勤務日数にかかわらず、1カ月の収入が決まっているので、勤務日数が少なければラッキーだったということになります。欠勤をしても、原則としてはその分は引かれません。

しかし、日給月給というのは月給が固定されているわけではありません。欠勤した日の分はひかれてしまいます。これを勘違いしていると、給料をもらった時に仰天してしまうでしょう。休んだ分が少なくなっているわけですから、ぎりぎりで生活をしてる人の場合、月々の生活に支障をきたすこともあるかもしれません。

ですから、仕事探しの時、日給月給という給与体系の時は念のために欠勤の分は控除されてしまうことを確認しておきましょう。その上で、その仕事をするかどうかを決めてもよいでしょう。基本的に日給月給制というのは日給がベースとなっていると思いましょう。紛らわしいところは就業前にきちんと確認をするようにしましょう。

Copyright (C)2019日払いと日給月給を把握して選ぶ.All rights reserved.