アルバイトやパートの方、就職して正社員や契約社員になると必ず月給という給与を支給されます。

日払いと日給月給を把握して選ぶ

月給・日給・時給の違いについて

日払いと日給月給を把握して選ぶ アルバイトやパートの方、就職して正社員や契約社員になると必ず月給という給与を支給されます。誰もがよく知っているでしょうが、「月給」は1カ月単位で支払われる賃金です。その間欠勤したり遅刻があっても月給を全額支払う場合が「月給」です。一方で「日給月給」という言い方をする場合もあります。これは1カ月を単位として支払う月給に似ているのですが、休めばその日の給料を引くのが「日給月給」の定義です。会社によって規定が異なりますが、たいていの月給制と言っている会社のほとんどが日給月給制と言ってもいいでしょう。

日給は一日いくらと決められた賃金を働いた日数分だけ支払うことです。この場合は日給×出勤日が賃金となります。日給と呼ぶと俗に言う日雇いをさす場合があり、労働時間に関係なく1日の賃金が決まっている場合を指します。また日給制なのに、労働時間が規定に満たない場合は時間分の給与を減額される場合もあります。これは時給計算されていますが、会社の規定や労働条件で最初に確認しないと損をする場合があります。最初から1日いくらで時間の制限でなく仕事の内容に関してだけ指定されていれば日給であり、時給の指定があれば日給でも時給で計算されることがあります。

Copyright (C)2019日払いと日給月給を把握して選ぶ.All rights reserved.